コンテンツへスキップ

ぐれ

Solidityの慣習

まず初めに、コメントアウト(//)でコードのライセンスを設定します。 再利用を認めるMITライセンスが指定されることが多いです。 次に、Solidityのバージョンを指定します。 バージョンによってガス効率がよくなってい… 続きを読む »Solidityの慣習

送金、引き出し

payableな関数にすればコントラクトへの送金と引き出しが可能になります。 ETH/USDの価格情報はオラクル(Chainlink)から取得しているため、ローカルではなくKovanテスト環境でデプロイする必要があります… 続きを読む »送金、引き出し

継承

Importをすれば、別のファイルに記載したコントラクトを参照してデプロイできます。 以下の例では、この記事で書いた2個目のコードが保存されているファイルを参照しています。 それか、コントラクト内の全てのコードをシンプル… 続きを読む »継承

文字列、数値の保管

単純に自然数を保管するコントラクトです。 文字列と数値のマッピングを保管し、文字列を入力したらマッピングされている数値を表示するコントラクトです。配列にも保管してるのでインデックス検索も可能です。 活用例:名前と銀行口座… 続きを読む »文字列、数値の保管

Remix

初心者の場合、Solidityのコードを書く練習はRemixを使うとよいと思います。ソフトをインストールすることなく、ブラウザを開くだけでコントラクトを書くことができます。 ただRemixはローカルのファイルを操作しにく… 続きを読む »Remix

GUI画面の作成

Pythonには標準でtkinterというGUI作成モジュールがありますが、少し複雑な画面はPySimpleGUIの方が使い勝手がよいです。

Chrome操作

Chrome操作するときによく使うコードです。 インストールされているChromeに合ったドライバーを自動で取得しているため、ドライバーのメンテナンスが必要ありませんし、他のパソコンでも簡単に動きます。