Wifiの設定

Ubuntu Serverは無線LANでの運用も可能です。

設定手順

  1. 無線LANのインターフェス名をメモる。(自分の場合は有線LANはenp2s0、無線LANはwlp3s0でした)
ip addr
  1. インターネットの設定ファイルを開く。

    sudo ⇒ 管理者として実行
    nano ⇒ ファイルをテキストエディタで開く
    /etc/netplan/00-installer-config.yaml ⇒ ファイルの場所
sudo nano /etc/netplan/00-installer-config.yaml
  1. Wifiの設定を追記する。
wifis:
  wlp3s0: #Wifiのインターフェース名
    dhcp4: true
    dhcp6: false
    access-points:
      xxxxxxxx: #ルーターのアクセスポイント名
        password: abcde
renderer: NetworkManager
  1. Ctrl + O でファイルの変更内容を保存し、Ctrl + X で編集画面を閉じる。
  1. インターネットの設定を適応する。
sudo netplan apply
  1. サーバーを再起動し、無線LANが使用できていることを確認する。
sudo reboot

以下は任意の設定:

Wifiの省電力設定の無効化

Wifiの省電力設定は無効化した方がパフォーマンスが上がります。

  1. 設定ファイルを開き、設定を2にします。
sudo nano /etc/NetworkManager/conf.d/default-wifi-powersave-on.conf
  1. Ctrl + O でファイルの変更内容を保存し、Ctrl + X で編集画面を閉じます。

Wifiの自動再接続

Wifiがよく切れる場合は自動的に再接続される設定をします。

  1. 再接続するスクリプトを作成します。
sudo nano /root/wifireconnect.sh
  1. 以下のコードを入力します。
#!/bin/bash
ping -c 1 192.168.0.1 #デフォルトゲート
test $? -eq 1 && ifup wlp3s0 #Wifiのインターフェース名
  1. Ctrl + O でファイルの変更内容を保存し、Ctrl + X で編集画面を閉じます。
  1. Cron(特定の時間に特定のコマンドを実行する仕組み)の設定画面を開きます。
sudo crontab -e
  1. 先ほど作成したスクリプトが5分に1回実行されるようにします。
*/5 * * * * bash /root/wifireconnect.sh
タグ: