Ubuntu Server のインストール

Ubuntuはオープンソース(無料)のOSです。DesktopとServerの2種類があります。

  • Ubuntu Desktop:WindowsやMacのように画面をマウスでクリックしたりして操作するOS
  • Ubuntu Server:マウスは使用せずコマンドだけで操作するOS(以下の画面のように文字だけが表示されます)

今回はUbuntu ServerをUSBを使ってインストールしていきます。

必要なもの

  • サーバーとして使うパソコン
  • サーバーとして使わないパソコン(Ubuntu ServerをダウンロードしてUSBに入れるために使います)
  • USB(またはSDカード)

Ubuntu Serverのインストール手順

  1. サーバーとして使わないパソコンを使い、Ubuntu Server 20.04のISOイメージファイルを公式サイトからダウンロードします。Ubuntu ServerのダウンロードボタンはUbuntu Desktopのダウンロードボタンよりも下にあるのでDesktopをダウンロードしないように注意してください。(LTSとはLong Term Supportの略で、長期的にサポートを受けられるバージョンのことです)
  1. インストール用のUSBを作成するためにRufusのPortable版をダウンロードします。(今回はRufusを使いますが似たようなソフトであれば何でもいいです)
  1. USBをパソコンに差し、Rufusを起動します。
  1. 「選択」からダウンロードしたUbuntu Serverのインストールファイルを選択し、「スタート」をクリックします。途中で表示される案内は「ISOイメージモードで書き込む(推奨)」を選択し、「OK」をクリックします。
  1. サーバーとして使うパソコンに、準備したUSBと有線LANケーブルを差し込み、パソコンの電源を入れます。再起動時にUbuntu Serverのインストール画面が自動で表示されない場合は、ブートメニューから起動ドライブをUSBに変更してください(このサイトが参考になります)。
  1. Ubuntu Serverのインストール画面が表示されたら、案内に従ってインストールします。設定は全て初期値のままで問題ないです。インストール画面の解説はこのサイトが参考になります。