コンテンツへスキップ

株式投資の始め方

僕のツイートを見た方々から、「投資って何から始めたらいいの?」や「投資って危なくないの?」という質問を過去に何回もされました。質問されるたびに何となく説明してましたが、説明することが多くて結局肝心なところが伝わってない気がするので記事にしました。分かりやすさを重視しているため、シンプルにしすぎた箇所があるかもしれませんがご了承ください。ソースもググればすぐ出てくるので省いています。(最終更新2022年12月)

投資に夢を見てはいけないという話

資本主義が存続する限り世界の株価は上がり続けます。下の画像はアメリカのインデックス指数(主要会社の株価の平均)であるS&P500のチャートです。ずっと右肩上がりです。2008年のリーマンショックで株価が大暴落しましたが、暴落前のピークに買っていたとしても今では2倍以上になってます。

有名なインデックス指数 S&P500

投資初心者は、とりあえずこのインデックスの波に乗っていればよいです。数年に1度、〇〇ショックで乱高下しますが、長期的に見ると年平均で約4~7%ずつ増えてます。100万円投資してたとしたら翌年には約105万円、10年後には約150万円(1.05倍の10乗)になるイメージです。

「10年かけてたったの1.5倍かよ。安いときに買って、高いときに売ればもっと儲かるじゃん。」と思うかもしれませんが、ウォール街のプロ投資家でも5%のリターンを出し続けるのは難しいです。”投資の神様”と呼ばれているウォーレン・バフェットが2007年にある賭けをしました。10年のスパンで、ヘッジファンド(機関投資家)がインデックスを上回る成績を出せるかという賭けです。ウォーレン・バフェットは「できない」に100万ドル賭け予想を的中させました。1年のスパンだと約7割、10年だと8割、15年だと9割のヘッジファンドが市場平均に負けるという統計があります。タイミングを狙って売りと買いを繰り返すよりも、単純にインデックスを買って放置した方がリターンが高いということです。

9割のプロの投資家がインデックスに負けるのであれば、素人ならなおさら負けやすいです。今まで貴方が出会った何千人という知り合いの中で、株取引だけで生活ができている人は何人いるでしょうか。1人いるかいないかでしょう。株の短期売買をしたら99.9%の人が資産を減らします。稀に投資で大儲けしている人がいますが、それは一時的にラッキーなだけか、数千人に1人のレベルでアクティブ運用に適正のある人です。「インデックスを買い続けて数十年放置する」というのは消極的な投資手法に聞こえるかもしれませんが、素人でもプロにも勝てる最善策となってます。インデックス投資から始めて、資金が余るのであれば少額で好きな会社の株を買ってみるのはありだと思いますが、まずはインデックス投資で堅実に資産の基盤を固めるべきです。

「もう少し株が落ちてから始める」という声もたまに聞きますが、プロでも判断できない株価の底を当てるのは素人に無理です。今すぐ始めた方がいいです。「円安だから少し待つ」という声も聞きますが、為替の専門家ですら円安と円高の予想が難しいのに、なぜこれから確実にずっと円高になると予想できるのでしょうか。今すぐ始めた方がいいです。今となっては2008年の暴落前の値段が安く感じるように、数十年後から見ると今の価格はとても安いはずです。今すぐ始めた方がいいです。「お金に困ってないし、老後もなんとかなるでしょ」と思ってる人もいますが、今の年金受給額は厚生年金であっても月平均14万円です。子供のすねをかじる予定なのか、動けなくなるまで働くつもりなのでしょうか。今すぐ始めるべきです。

ここ10年の株価の調子は良すぎた感があります。これから何年も株価が低迷して数年間含み損を抱えたままになるかもしれませんが、安く買えるチャンスだと思って買い続けてください。仮に、株価が暴落して永遠に戻らなかったら資本主義が崩壊したということです。その場合は、貴方だけでなく世界中の人々の資産が逝っちまってるので安心してください。

あと、美味い話は向こうから来ません。情報商材、ねずみ講、FXツール、ワンルームマンション投資など、向こうから営業をかけてくる投資は善意で貴方を儲けさせたいのではなく、売る側が儲かるための仕組みができあがっています。本当にワンルームマンション投資で儲かるのであれば、不動産屋が自ら運用するはずです。

ぶっちゃけ、事業を始めたり給料の高い会社に転職した方が投資運用よりも稼げる可能性が高いです。あくまでも投資は安定収入がある人向けで、将来の不便/不安を少し和らげる物なんだと理解していただけると嬉しいです。老後2000万円問題が一時期話題になりましたが、老後の2000万円を1000万円で用意できる程度です。

インデックスの買い方

「でも結局、何をどうすればいいの」という人のために、インデックスを一番お得に買う方法を載せておきます。利益が非課税になる”つみたてNISA”を満額(年40万円)買う方法です。

まずは、楽天証券かSBI証券のどちらかを選んでください。楽天証券の方が少し面倒くさいですが、楽天カード + 楽天銀行 を併用するとコンビニで出金手数料が無料になったり、ふるさと納税をお得に買えたりで年に数千円~数万円プラスになります。楽天カードや楽天銀行を持ってないし、楽天市場もそんなに使わないのであればSBI証券でいいと思います。

次に、「全米株式」と「全世界株式」のどちらのインデックスを買うか決めてください。個人的には「全世界株式」を買っています。アメリカが40年後も世界のトップを独走し続けていることにフルベットする気になれないからです。どうせ「全世界株式」の60%はアメリカの株で構成されてますし。ここは好みなので、こういった動画を見たりして自分で決めてください。

上記の2つが決められたらあとは設定していくだけです。1回設定してしまえばあとは放置して忘れてもらってOKです。SBI証券の場合と楽天証券の場合で分けてます。

SBI証券の場合

SBI証券公式のつみたてNISA説明ページはここです。

  1. (任意)三井住友カードを作る
    ・積立をカード引き落としにすることで0.5~2%のポイントがつきます
    ・年4%のリターンを求めているときに0.5~2%のポイントバックはでかいです
  2. SBI証券に口座を作る
  3. SBI証券でつみたてNISAを開設する
  4. 「eMaXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」または「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の積立購入設定をする
    ・つみたてNISAの枠を使うのを忘れないでください
    ・年間40万の枠を使い切るために月33,333円に設定してください

楽天証券の場合

楽天証券公式のつみたてNISA説明ページはここです。

  1. 楽天銀行を開設する
    ・月に数回無料でコンビニからお金を引き出せます
    ・月に数回無料で他銀行に振り込みができます
  2. 楽天カードを作る
    ・楽天市場でポイントが付きやすくなります
    ・楽天市場で”お買い物マラソン”期間且つ”5と0のつく日”にふるさと納税をしたらめっちゃポイント貰えます
    ・街中で使っても1%のポイントがつきます
    ・引き落とし口座を楽天銀行にすればちょっとお得です
  3. 楽天証券に口座を作る
    楽天銀行とマネーブリッジをすると株を買うときにお金の移動が楽になります
    楽天ポイントコースに設定して1ポイントだけ使用するように設定すると楽天市場でポイントが付きやすくなります
  4. 楽天証券でつみたてNISAを開設する
  5. 「eMaXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」または「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」の積立購入設定をする
    ・つみたてNISAの枠を使うのを忘れないでください
    ・年間40万の枠を使い切るために月33,333円に設定してください
    楽天カード → 楽天キャッシュ 経由で購入設定をすると0.5%のポイントバックになります

つみたてNISAのその先へ

つみたてNISAを設定して定期購入が始まると株式市場の値動きが気になってくると思います。世界の景気がなんとなく分かってきたり、ニュースを見るようになったりして段々と金融知識が高まっていくのではないでしょうか。

ただ、ダニング=クルーガー効果には気を付けてほしいです。少し知識がつくと、自分の能力を過大評価してしまうことがあります。「タイミングよく株の売買ができるんじゃね?」と思い始めたら自分は”馬鹿の山”の頂上にいるのかもしれないと思ってください。

それでもインデックスの積立購入以外の投資を試したくなったら少額で始めてください。自分に向いていると思えば生活に影響が出ない範囲でもっと資金を増やしていいと思いますし、自分に向いていないと思ったら少額の損が勉強料になったと思えばいいです。何度も言いますが、事業を始めたり給料の高い仕事に転職した方が確実に早く資産を増やせます。資産がある程度増えてきたら資産運用の方が資産の増えるスピードが速くなりますが(1億円を5%で運用したら単純計算で年間500万増えます)、ほとんどの人には関係のない話です。

年5%以上のリターンを求めて99%の人が負ける原因は複数あると思っています。僕はそれを逆手にとって取引をしていますが、少し長くなってきたので気が向いたら書こうと思います。最後に言うのも変ですが資産運用はあくまで自己責任でお願いします。