ローカルリポジトリの色んな作り方

何もない状態からローカルリポジトリを作成する

リモートリポジトリをクローンしてローカルリポジトリを作成するのが一般的ですが、何もない状態からローカルリポジトリを作成することも可能です。

以下のコマンドでカレントディレクトリにプロジェクト名のフォルダが作成されます。

git init プロジェクト名

既存のディレクトリをローカルリポジトリに設定する

既にあるディレクトリをディレクトリをローカルリポジトリにする場合はプロジェクト名を指定せずに実行します。

git init

誰かのリモートリポジトリをフォークする

誰かのリモートリポジトリをフォークして自分のリモートリポジトリとすることも可能です。GitHubでリポジトリ画面で「Fork」ボタンを押します。その後は通常通りgit cloneでローカルリポジトリを作成します。ローカルリポジトリにフォーク元のリポ情報をセットするには以下のコマンドを使用します。

# フォーク元のリポ情報をセットする
git remote add upstream フォーク元のURL(SSH)

# セットされているURLを確認する
git remote -v

# フォーク元の最新をPullする
git pull upstream main