Docker imageの管理

Docker imageとは、ソフトがパッケージ化されたものです。Imageをrunするだけで簡単に好きなソフトを実行できます。

Imageのレベル感は様々です。単なるUbuntuのimageもありますし、UbuntuにAnacondaをインストールしたものをパッケージ化したimageもあります。用途に合わせて柔軟にimageを作成することができます。

Docker image を Docker hubから取得する

公式ライブラリからプルする場合:

docker pull リポジトリ名(:タグ)

# よく使われているやつ
docker pull ubuntu
docker pull jupyter/datascience-notebook

自分のリポジトリからプルする場合:

  1. Docker hubにログインし、プルしたいリポジトリを開く。
  2. Tagsタブを開き、プル用のコマンドをコピーして実行する。
docker pull guregu321/my-first-repo:latest

保有しているDocker imageの一覧を表示

docker images

Docker image を削除する

docker rmi リポジトリ名(:タグ)

# 全imageを削除する
docker images -aq | xargs docker rmi

Docker image の名前を変更する

docker tag 旧リポジトリ名(:タグ) 新リポジトリ名(:tag)

※ホストとかまで変更したい場合の構成は以下の通り。

ホスト:ポート/ユーザー名/リポジトリ名:タグ

ホスト未入力だとデフォルトのregistry-1.docker.io(Docker Hub)が使用される。ユーザー名が未入力だとデフォルトのlibraryが使用される。

Docker image を自分のDocker hubにプッシュする

docker push リポジトリ名(:tag)
タグ: